FC2ブログ

お知らせ
2018年1月号から『俳壇』の「本の庭 ブックガーデン」を担当しています。

http://www.honamisyoten.com/index.html

最新のコメント

俳人協会広報委員会。

 今日は、午後から俳人協会の広報委員会に出席しました。少しずつ協会ホームページも更新されています。
スポンサーサイト
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

竹岡一郎句集『けものの苗』。

15422486320.jpeg
 「」同人の竹岡一郎さんから句集『けものの苗』(平成30年10月、ふらんす堂刊)をいただきました。ありがとうございます。
 『蜂の巣マシンガン』『ふるさとのはつこひ』に続く第三句集で、「蛭の履歴」「無垢といふこと」などテーマごとの15章に350句が収録されています。シュールな世界を詠ったものも多いですが、傷ついたもの、傷ついた心に対するまなざしは一貫していて、心惹かれるものがありました。

  鬱の妻除夜の寝息のやさしさよ
 「除夜」が季題で冬。大晦日の夜、鬱を患う妻が先に寝てしまって、そのかたわらで一息ついているのでしょう。妻のやさしい寝息を聞きながら、過ぎようとするこの一年を振り返っているのです。色々と大変だった一年に思いを馳せながらも、「やさしさよ」と言い収めたところに、安堵の気持ちと愛情とが滲み出ていています。

  除夜の校門少年少女待ち合はす
  若芝に亀歩ましむ帰還兵
  鬱の妻除夜の寝息のやさしさよ
  町の灯がみんな狐火住む人も
  狼が強引に神連れ戻す
  水漬く鞄がとめどなく産む舟虫
  善人が黙えらぶ世の鵙日和
  聖夜厨房首無き鶏ら一列に
  大聖樹より悉く砂と化すか
  十二月八日突然停電す
  海底の鉄屑十二月八日
  凍天の阿弥陀へ黒く立ちつくす
  戦前の遺書晩春の抽斗に
  銀河を翳らせ ひよわな世嗣産む
  あかつきの雪女抱く雪女
  蛇塚や晨に供へ一夜酒
  仏法僧大釜に飯炊き上がる
  山開手斧磨いて翳しけり
  かなかなや巫女の家路の貴船道
  つなぐ手やはらか葉月の山の闇をゆく
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

『俳壇』12月号。

15424565140.jpeg
俳壇』12月号「本の庭」は、
・『金輪際』池田瑠那
・『熊野概論―熊野、魂の系譜Ⅱ』谷口智行
・『芝不器男の百句』村上鞆彦
を取り上げました。無事、一年間の連載が終わりました。
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
句会予定一覧
八千代句会
10/21(日)15:30〆当季雑詠10句/永田宅
※詳細はお問い合わせ下さい。
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード

Archive RSS Login