Tag澤 1/1

池田瑠那句集『金輪際』。

 講座委員でご一緒させていただいている、「澤」同人の池田瑠那さんから句集『金輪際』(平成30年9月、ふらんす堂刊)をいただきました。ありがとうございます。 小澤實主宰から「澤を代表する作家のひとり」と称賛される方の第一句集です。巻末近くに交通事故でご主人を亡くされた際の作品が並べられているのが、胸に刺さります。素材を詰め込んだ詠いぶりで賑やかな俳句が多いだけに、無念の思いを際立たせているように思いま...

  • 0
  • 0

「澤」10月号。

 「澤」10月号を送っていただきました。「窓 俳書を読む」のコーナーで冬魚さんが『虹の島』を取り上げて下さっています。  焼藷や口の立ちたる紙袋  ピーマンの逆さま生りや炎天下  新秋や形見の時計はや馴染む3句を挙げてあたたかい評して下さりました。ありがとうございます。...

  • 0
  • 0

椎野順子句集『間夜』。

 「澤」同人の椎野順子さんから、句集『間夜』(平成27年9月、ふらんす堂刊)をいただきました。ありがとうございます。 15年間の396句を収録した第一句集とのことですが、水、水中を詠んだ感覚的な句や、料理、食材、麦酒を題材にした句が目立ちました。上五や下五の字余りを使いながら、目新しい素材を荒削りに詠った句もあったりして、ボリュームを感じた一冊でした。  間夜や水に根のばすヒヤシンス 「ヒヤシンス」が季題...

  • 0
  • 0

五〇歳以下の俳人二二〇人。

 「週刊俳句」第386号、上田信治さんの「五〇歳以下の俳人二二〇人」に取り上げていただいております。この記事は、「澤」7月号から転載されたものです。「日々の楽しみを訥々と。」という嬉しいコメントをいただきました。ありがとうございます。http://weekly-haiku.blogspot.jp/2014/09/2014.html...

  • 0
  • 0

「澤」5月号。

 「澤」5月号、「窓 俳書を読む」のコーナーで、田沼和美さんが句集『ラフマニノフ』を取り上げて下さいました。ありがとうございます。  秋蝶の翅のステンドグラスかなほか、4句を鑑賞して下さっています。...

  • 0
  • 0