Tag福井隆子 1/1

福井隆子『ある狂女の話』。

 「対岸」同人で俳人協会千葉県支部でお世話になっている福井隆子さんから、エッセイ集『ある狂女の話』(平成29年9月、ふらんす堂刊)を送っていただきました。ありがとうございます。 約40年間にわたって書かれた文章をまとめられた一冊とのことですが、まずタイトルにどきっとさせられました。巻頭に置かれたその一編は、著者が幼少の頃、鎮守の森に住み着いた「狂女」にまつわる物語です。満州で川に赤ちゃんを捨てて気違い...

  • 0
  • 0

「俳句」冬号。

 NHK学園俳句講座機関誌「俳句」冬号で、福井隆子さんが拙句を取り上げてくださいました。ありがとうございます。  雪の富士雲竜型にありにけり かおる...

  • 0
  • 0

福井隆子句集『手毬唄』。

 先日の俳人協会千葉県支部俳句大会でご一緒させていただいた福井隆子さんから、句集『手毬唄』(平成24年7月、角川書店刊)をいただきました。ありがとうございます。 ご令弟の病臥、ご逝去を詠われた俳句など、日々の生活を誠実に句にされてきたことを記録した一冊です。  駱駝の上にゐて日本は春立つ日 「春立つ」が季題で春。どこか砂漠の国を旅して、観光客相手の駱駝に乗っているのです。暑くて、日本のような四季もな...

  • 0
  • 0