Tag虹の島 2/4

『吹越』第13号。

 伝俳協関東支部の機関紙『吹越』第13号が届きました。「俳句ベテランVS HAIKU 若手」という企画に、私も「第二句集『虹の島』」というエッセイを載せていただいております。ありがとうございました。...

  • 0
  • 0

『俳壇年鑑2016年版』。

 『俳壇年鑑2016年版』、「2015年の句集から」のコーナーに、阪西敦子さんが句集『虹の島』を紹介して下さりました。「実直な作りの中に時々見える大胆な喩えが魅力。」とのお言葉をいただきました。ありがとうございます。...

  • 0
  • 0

「貂」183号。

 「貂」183号、「句集紹介」で津久井健之さんが『虹の島』を取り上げて下さりました。「虹の島年に何度も合歓の咲く」について 一読、南国の太陽が眼前を照らし、幸福感が止めどなく湧き起こってくるような句である。と嬉しいコメントを添えて下さっています。ありがとうございました。...

  • 0
  • 0

「夏潮」3月号。

 「夏潮」3月号に、句集『虹の島』の特集を組んで下さりました。「前北かおる句集『虹の島』管見」と題した総評は藤永貴之さん。  雪まろげまろげてやがて兄になるを、「本句集の核ともいうべき一句」と褒めて下さっています。また、ベスト10として、  下車までのしばらくを立ち夏の海  滝仰ぎゐれば風花目のあたり  働いて暮れて西鶴忌なりけり  湯船より小虫を掬ふ日永かな  海面の一枚めくれ卯浪なす  十三夜虚...

  • 2
  • 0

『虹の島』総選挙。その2

 その後、Webサイト、新聞、雑誌等にたくさん取り上げていただきました。お手紙やお葉書も引き続きいただいております。また、千葉英和高校文芸部の皆さんはベスト10と一句評を書いてくれました。選句に参加した慶應志木高校の諸君にも、あらためてベスト1を選んでもらいました。あらためて、ここまで158名の方の投票結果を発表します。1位(30票)虹の島年に何度も合歓の咲く(→)(★)2位(23票)織姫や翡翠となりて翔るべく(↑...

  • 0
  • 0