Category・初めての俳句 1/3

「句評」

 10月21日のタイドプール句会では、「句評」をテーマにお話ししました。 次回から、その日の選句稿の中からお一人一句評をしていただきます。句評にも色々なやり方がありますが、あまり抽象的、感覚的過ぎると、雲を掴むような話になってしまいますので、一つのモデルをお示しします。 全体は、季題の指摘、解釈、鑑賞、評という順で行います。まず、第一にその句の季題と季を指摘し、鑑賞に必要な知識を説明します。次に解釈で...

  • 0
  • 0

「作句の基本」

 タイドプール句会もスタートから1年を迎えました。そこで、9月16日は「作句の基本」ということで、これまでの話題の中から「季題」「写生」「季重なり」の3つをダイジェスト版でお話ししました。リンクは、以前にまとめたものです。  「季題」  「写生」  「季重なり」...

  • 3
  • 0

「暦」

 7月15日のタイドプール句会では、「暦」をテーマにお話ししました。 まだ梅雨も明けませんが、暦の上では夏も残りひと月をきっています。ここで言う暦の上での四季というのは、中国の二十四節気に拠っています。 立春  2月 4日頃(春分  3月21日頃) 立夏  5月 6日頃(夏至  6月22日頃) 立秋  8月 8日頃(秋分  9月23日頃) 立冬 11月 8日頃(冬至 12月22日頃)春分を真ん中に立春から立夏の約90日間が春、夏至を...

  • 0
  • 0

「夏の季題」

 6月17日のタイドプール句会では、「夏の季題」をテーマにお話ししました。 新しいメンバーを迎えたので、少し大きな話をします。以前に、俳句は季題を詠う詩だという話をしました。俳句を詠もうと思ってもなかなか俳句は出来ないものです。まず、心ひかれる「季語(季題)」を探して、それを題にして五七五の俳句を詠むわけです。 さて、歳時記には様々な季題が載っていますが、中には使い分けが難しいようなものがあります。...

  • 0
  • 0

「省略」

 5月20日のタイドプール句会では、「省略」をテーマにお話ししました。 俳句は「省略」が大切だと良く言われます。以前にお話しした「切れ字」とも関連しますが、例えば、「菜の花や月は東に日は西に」という蕪村の俳句があります。この句の場合、「菜の花や」とだけ言って、「黄色い菜の花がある程度の広さに群がり咲いている」という内容を表現しているわけです。「や」という切れ字を用いることで、「黄色」、「広さ」、「咲...

  • 0
  • 0