FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

中原道夫句集『彷徨(UROTSUKU)』。


Category: 俳句 > 第一句集『ラフマニノフ』   Tags: 銀化  中原道夫  彷徨(UROTSUKU)  ふらんす堂  
15534692160.jpeg
 「銀化」主宰の中原道夫さんから句集『彷徨(UROTSUKU)』(2019年2月、ふらんす堂刊)をいただきました。ありがとうございました。
 海外詠だけを収めた一冊で、既刊句集に収録済みの作品、総合誌等に発表された作品が収録されています。「あとがき」に、50年間で地球5周くらい旅をしたのではないかと書いていらっしゃいますが、豊かな題材に目を見張らされる句集でした。

  炊き出しに並ぶ毛布の穴から手
 「毛布」が季題で冬。「妄執の櫂(インド二〇一六・冬)36句」と題された中の一句で、「喜捨に因る炊き出しを煮る大鍋が街角に出て」との詞書が付されています。炊き出しの列の中に毛布を頭からかぶっている人が並んでいたのです。目が見えているのか見えていないのかもわかりませんが、ちゃんと列について進んでいます。そして、自分の順番がまわってくると、毛布の隙間から手だけを出して食事を受け取ったのです。その人物の身の上を想像すると哀れですが、作者の目はどちらかと言えばドライです。異様な風体の人物に興味を持って見ていたところ、ちょっと面白い場面に出くわしたという感じでしょうか。それが、「穴から手」という下五にコミカルに表現されています。俳諧らしい味付けの一句です。

    ニューヨーク
  撒水車虹造らむと唸るなり
    (アテネ)アクロポリスの丘
  石柱を遠まきにして青き踏む
    土耳古紀行/イスタンブール・ガラタ橋
  対岸は亜細亜よ草の絮飛べる
    (トルコ・イスタンブール)
  茶(チャイ)飲んでゆかれよ秋雨上がるまで
    玖馬紀行/ハバナ
  革命ののちの夜暗し十字星
    (キューバ/ハバナ)『老人と海』の舞台コヒマル
  朝凪や大魚逃せし舟戻る
    (メキシコ)折しも十一月二十日は
  覇王樹の犇く革命記念の日
    (メキシコ/ユカタン半島)チャックモール(生贄の台)
  月の夜のまだあたたかき贄を置く
    (ニューヨーク)
  街騒を以て短夜みじかくす
    (ニューヨーク)E86st.ノイエ・ギャラリー エゴン・シーレ
  夏痩せの己を描くほかはなし
    (フィレンツェ)
  修復に修復かさぬ冬の薔薇
    ヴェネツィア
  迷宮は出口入口なく冷えて
    (ヴェネツィア)
  寒疣に無縁の天使ばかりなる
    (モロッコ)
  ひと瘤にまたがり春の逝く方へ
    (モロッコ)オート・アトラス山脈ティシカ峠
  天近く斑雪に羊放ちゐて
    (フェズ)
  つつ抜けの中庭(リヤド)の声やレモンの黄
    (パリ)十一月十五日パリ・シャルル・ド・ゴール空港着
  服喪かな全土凍てつく燈を落とし
    (インド)喜捨に因る炊き出しを煮る大鍋が街角に出て
  炊き出しに並ぶ毛布の穴から手
    (インド)
  終生は乞食とのみ冬の蠅
    (インド)
  伽羅を嗅ぎ白檀を聞き年つまる

※正字を常用の字体にあらためて紹介しました。
スポンサーサイト
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

「俳句」冬号。


Category: 俳句 > 第一句集『ラフマニノフ』   Tags: NHK学園  俳句  福井隆子  

 NHK学園俳句講座機関誌「俳句」冬号で、福井隆子さんが拙句を取り上げてくださいました。ありがとうございます。
  雪の富士雲竜型にありにけり かおる

テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

『21世紀俳句時評』。


Category: 俳句 > 第一句集『ラフマニノフ』   Tags: 筑紫磐井  21世紀俳句時評  東京四季出版  ラフマニノフ  
20130702_2115471050056618.jpg
 筑紫磐井さんから御著書『21世紀俳句時評』(平成25年6月、東京四季出版刊)をいただきました。ありがとうございました。
 「俳句四季」の連載をまとめられた一冊で、500ページを超える大著ですが各章のテーマが明確ですらすら読めました。この十数年の俳壇の動向と現代俳句史について大変勉強になりました。
 私も、「65新世代雑誌のそれぞれの個性」、「73もう一群の新人作家たち」の二章に登場しています。特に、「73もう一群の新人作家たち」の章では、句集『ラフマニノフ』について3ページほどを使って紹介していただきました。ありがとうございました。
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

「澤」5月号。


Category: 俳句 > 第一句集『ラフマニノフ』   Tags:  田沼和美  ラフマニノフ  

 「」5月号、「窓 俳書を読む」のコーナーで、田沼和美さんが句集『ラフマニノフ』を取り上げて下さいました。ありがとうございます。
  秋蝶の翅のステンドグラスかな
ほか、4句を鑑賞して下さっています。

テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

『四季のうた―詩歌のくに』。


Category: 俳句 > 第一句集『ラフマニノフ』   Tags: 四季のうた―詩歌のくに  長谷川櫂  中央公論新社  
20130203_203957.jpg
 2011年6月26日の「読売新聞」の「四季」のコーナー長谷川櫂さんが「白々と雨の噴水ありにけり」を紹介してくださりました。今度、『四季のうた―詩歌のくに』(2012年12月、中央公論新社刊)というタイトルで新書化されました。
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学
08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07

09


 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
 
初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
 
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 


Archive RSS Login