FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

読響第589回定期。


Category: 音楽 > 読響   Tags: ---

 首席客演指揮者山田和樹の指揮で、カリンニコフの第1番ほか。カリンニコフは、大学生の頃、ちょっとしたブームになって聴いた気がしまさが、久しぶりでした。ふと覗く淋しさが嫌らしくなく表現されていて、気の利いた演奏でした。もちろんはつらつとした若さも見事でした。
 今日は、前半に登場したソプラノのシャギムラトヴァも貫禄十分、圧巻の演奏でした。
スポンサーサイト
テーマ : クラシック    ジャンル : 音楽

読響第588回定期。


Category: 音楽 > 読響   Tags: ---

 セバスティアン・ヴァイグレの常任指揮者就任披露で、ブルックナーの9番が演奏されました。愚直に細部を磨きあげるというよりは、大きなまとまりでフレーズをとらえてじっくりと料理するというアプローチで、大人の味わいのブルックナーでした。読響のパワーをコントロールして、余裕のある清々しい響きが印象的でした。今後の顔合わせが楽しみです。
テーマ : クラシック    ジャンル : 音楽

読響第587回定期。


Category: 音楽 > 読響   Tags: ---

 オラリー・エルツの客演で、シベリウスの5番をメインとするプログラム。武満徹の「星・島(スター・アイル)」のメロディからシベリウスへという構成がとても良かったです。シベリウスも1楽章の弦楽器のささやきや2楽章の素朴なメロディなど、多彩な響きが魅力的でした。もっと荒々しい演奏を想像していましたが、意外にもたっぷりと余裕のある運び方で、クライマックスも心に染みました。前半のストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲もとても良かったです。
テーマ : クラシック    ジャンル : 音楽

読響第586回定期。


Category: 音楽 > 読響   Tags: ---

 カンブルランが、常任指揮者としては最後となる定期で、シェーンベルクの「グレの歌」を取り上げました。大音響の曲で、私の今日の体調に合わなかったのが残念でしたが、記憶に残る演奏会でした。特に第3部の語りが夏の風を讃えるあたりからクライマックスにかけて、彩り豊かで良かったです。
テーマ : クラシック    ジャンル : 音楽

読響第585回定期。


Category: 音楽 > 読響   Tags: ローター・ツァグロゼク  リーム  Ins  Offene...  ブルックナー  交響曲第7番  読響  読売日響  
15508425000.jpeg
 ローター・ツァグロゼクの客演で、ブルックナーの7番。ベテラン指揮者の棒のもと、細部をいつくしむように演奏されました。特に、第2楽章の明るくなつかしいような第2主題が魅力的に聞こえました。一方で、スケルツォからフィナーレにかけての盛り上がりと頂点の輝かしさも素晴らしく、充実のプログラムでした。
 前半のリームの曲は、弓でひくアンティークシンバルの音色が印象的でした。舞台上に2人と客席に3人が配置されていて、神秘的な響きに包まれる感じが良かったです。
テーマ : クラシック    ジャンル : 音楽
08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07

09


 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
 
初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
 
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 


Archive RSS Login