FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞。その6


Category: 俳句 > 杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞   Tags: 夏潮  杉原祐之  先つぽへ  
Ⅵ.「海女小屋」平成二十一年
成人式終へて上りの特急に
 「成人式」が季題で冬。上京して大学に通っているのでしょうか、下宿先の自治体の成人式では知り合いもいないので、実家に帰って成人式に出席したのです。同窓会があったり、久しぶりに顔を合わせた友人と積もる話もあるのでしょうが、試験も迫っていて、明日の授業に出ないわけにも行きません。後ろ髪引かれる思いで特急列車に飛び乗ったというのです。無駄なく叙していますが、広がりのある句だと思います。

レーダーや小雪のやうな雪女
 「雪女」が季題で冬。「雪籠のレーダー整備員」と詞書。雪に閉じ込められている山上のレーダーで、整備員がまるで女優の小雪のような雪女に出逢ったという句。「雪女」という季題は、怖ろしいものでありながらどこか心ひかれる気持ちがあるというのが、その本情だろうと思います。そう考えると、「小雪のやうな」というのはうまいと思います。「レーダーや」という切れも物語性があって面白いです。

蘆の角ビニール袋引掛かり
 「蘆の角」が季題で春。蘆の芽にビニール袋が引っ掛かっているというだけの句ですが、あまりきれいにされていない池や沼の感じがよく出ています。この場合、ぶっきらぼうな詠いぶりもはまっていると思います。

耕のすつかり終り雨を吸ふ
 「耕」が季題で春。土がきれいに均してあって、いかにも耕したてという畑の土が、折から降り出した雨を吸って潤っているという句。まるで、これから植えられる種や苗を迎える準備をしているようです。「終り」と言っているので作者が耕したわけでもなさそうですが、自分の畑を見ているかのような満足感に溢れています。「すつかり」の語に気持ちがこもっていると思います。

釣堀の水匂ひくるホームかな
 「釣堀」が季題で夏。市ヶ谷駅あたりでしょうか、プラットホームに立っていると、駅の外に見えている釣堀の方から水の匂いが漂ってきたというのです。梅雨の頃の気温、湿度ともに高い空気の感じが出ています。曇っている日とか日暮れ頃とか、日光が十分に届いていないところを想像しました。

ほうたるにグッドラックと呟ける
 「ほうたる」が季題で夏。「石の湯ロッジにて 五句」のうちの一句。一人で螢を見ているのでしょう、強く光って飛び立った一匹に「グッドラック」と呟いてみたという句。気取った句ですが、パートナーを求めてさまよう螢に対して、同じ独り身の男として共感を寄せる淋しさがあってなかなか味わい深いと思います。

叱られに会社へ戻る秋の暮
 「秋の暮」が季題で秋。普段なら直帰ということでサボって帰ってしまうところなのでしょうが、トラブルがあって出先から会社に戻らなければならなくなったのです。秋は暮れるのが早く余計に焦りますし、これから上司に叱られることを思うと気が重いというわけです。「叱られに」という上五が一句の雰囲気を支配していて巧みです。


 杉原祐之句集『先つぽへ』、題材がバラエティーに富んでいて大変面白かったです。虚子に「秋風や眼中のもの皆俳句」がありますが、暇さえあれば旅や祭に出掛ける積極性が句材の幅を支えているのだと思いました。そして、それによって作者の想像力が培われていく過程をなぞることができたのも興味深かったです。後半は想像の翼によって実景から飛躍した句が続出して、今後どんな作品が生まれるのか楽しみになりました。大変お目出度いことを控えていらっしゃるようですので、また新たな句境を切り開いた第二句集に期待しましょう。
スポンサーサイト

杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞。その5


Category: 俳句 > 杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞   Tags: 夏潮  杉原祐之  先つぽへ  本井英  
Ⅴ.「土に引つ張られ」平成二十年
旧正の福の字鎧ふ金の糸
 「旧正」が季題で春。「北京 三句」の一句。華僑も含めて中国人は、春節といって旧暦で正月を祝います。その飾りに「福」という字が金の糸で鎧うかのように刺繍してあったという句。そうは言っていないですが、布地の真っ赤な色が見えてきて、金糸とのコントラストが見事です。
 「旧正の」とつなげるか、「旧正や」と切るか、どちらも出来そうな気がします。「の」の方が正月飾り自体に焦点が当たって写生的ですが、「や」として「旧正」全体の雰囲気を強く打ち出すのも良いような気がします。さらに、「旧正」と言うか、「春節」と言うかという問題もあります。「春節」と言った方がストレートですが、「旧正」と言えば読者に日本の旧正月とのギャップを味わってもらえます。これだけでも4通りに表現できますが、「旧正や」で切ることで日本と中国の二重映しをするか、「春節の」とつなげてストレートに景を描くか、どちらかかなあという気がします。

除雪車の隊伍を組める滑走路
 「除雪車」が季題で冬。滑走路の雪かきをするために、数台の除雪車が横並びに連なって作業にあたっているという光景。朝一番の便が飛び立つ前の、まだ真っ暗な中での作業かも知れません。雪の中、唸りをあげて粛々と雪かきをする様子は、何とも頼もしいものだと思います。「隊伍」という表現によって、引き締まった句になっています。

携帯の基地局ぬつと山笑ふ
 「山笑ふ」が季題で春。里に近い低山なのでしょう、頂に不釣り合いに高い携帯電話の基地局が立っているのです。そんな山にも、たなびく霞のぼかしがかかったり、山肌には花の色がちらほら見えたり、いかにもうららかであるという句です。「携帯の基地局」と具体的に言ったことで、それとの比較で山のサイズや在処がはっきりしたと思います。本井英先生が擬音語、擬態語の達人で、この句の「ぬつと」にもその影響がありますが、ぴたりとはまっていると思います。

懐に死亡届や花の冷え  
 「花の冷え」が季題で春。「祖父死去」と詞書。お祖父さまを亡くして、悲しむ間もなく葬儀の手配などをしている中で、役所に出す死亡届を預かって外に出たのです。花の頃と言っても今日はやけに冷えていて人通りも少なく、家族、親戚の輪から離れてみると、お祖父さまの死がいやでも実感されてしまうということです。「懐に」のところに、情が滲み出ています。

微風や代田鏡に皺生れ
 「代田」が季題で夏。微風が吹いてきて、代田の鏡のような水面に皺が生まれたという句。「微風や」の切れが何とも清々しく、「代田鏡」と一語にしたところに静けさが感じられます。

筍を掘りに縦列駐車かな
 「筍」が季題で夏。住宅地からそう遠くないところに、開発が中断されてそのままになっているようなところでしょうか、筍を掘っても構わない竹林があるのでしょう。近所の人にはよく知られた場所で、シーズンになると車で乗り付けては筍を掘っていきます。土日ともなると、縦列駐車をしなければならないほどに混雑しているというのです。どうも、小さな子供を連れた家族連れよりは、定年前後の団塊世代が多いような気がします。21世紀の郊外の点景を描いていて、面白い句だと思います。

虫売の義足を直しゐたりけり
 「虫売」が季題で秋。道ばたに虫籠を並べて売っている男が、義足の少しの不具合を調整しているのです。あまり客も来ないのでしょう。義足になった事情、そして虫売をしている事情は、読者の想像にゆだねられています。私は、「虫売」という季題の淋しさから、戦争で脚を失ってしまったのではないかという気がしました。日本だとすると、50年くらい前にはこんなことがあったのかも知れません。
 静かな句ですが、「直しゐたりけり」は、「直しをり」くらいに縮めた方がより淋しいかとも思います。

三方を森に囲まれ蕎麦の花
 「蕎麦の花」が季題で秋。蕎麦は寒くて痩せた土地でも短期間で収穫できるので、高地などで栽培されています。この句は、三方を森に囲まれている狭い平地に真っ白な蕎麦の花が咲いているという景色を詠んでいます。かなり単純化して景を叙していますが、却って普遍的な蕎麦畑の様子が描けているのではないかと思います。

青楼の傍のマンション布団干す
 「布団」が季題で冬。吉原の傍にマンションが建っていて、ベランダに布団が干してあるという句。題材は珍奇ですが、昔郊外にあった遊里が現代の乱開発に呑まれてしまった様子を写真で見るようです。

杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞。その4


Category: 俳句 > 杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞   Tags: 夏潮  杉原祐之  先つぽへ  
Ⅳ.「出張の帰り」 平成十九年
余り苗魔除の如く置かれたる
 「余り苗」が季題で夏。「『夏潮』初の稽古会、石の湯」と詞書があります。田植えを終えて余ってしまった苗が、田圃の傍らに置かれているのです。それがまるで「魔除」のようだったというわけです。一つかみほどだろうと思いますが、苗の量と、無造作にではあっても、棄てられているというほどではない有り様が見えてくると思いました。

出張の帰りの植田明かりかな
 「植田」が季題で夏。短期出張の帰途についているサラリーマン。もちろん飛行機ではなくて、電車か高速バスに乗っているのでしょう。案外早く仕事が片付いたことに安堵しながら車窓を見ると、植えたばかりの田圃の水が日を返しているというのです。「出張の帰り」で手短に状況を語り、「明かり」で時間帯を明かし、二つの「の」でリズムを整えて、と非常に周到な俳句です。

夏潮に一直線の航路あり
 「夏潮」が季題で夏。平成十九年は、俳誌『夏潮』創刊の年です。旗揚げの時の高揚感が格調高く詠われています。

積まれたる薪に立て掛け登山杖
 「登山杖」が季題で夏。高地にある山荘なのでしょう、夏でも薪が積んであるのです。そこへ登山杖を立て掛けておいて、一休みしているという句。山荘の中には入らないで、外のベンチでコーヒーでも飲んでいるのでしょうか。季題「登山杖」の働きによって場面を描き出していて巧みです。

玉砂利の熱き八月十五日
 「八月十五日」が季題で秋。終戦記念日に、大きな神社に来ているのでしょう。まだ夏そのものの日が輝いていて、足からは玉砂利の熱を感じているというのです。昭和二十年の当日、玉音放送で終戦が知らされたその記憶を持っているかのような詠いぶりだと思います。

韃靼の秋風吹ける大路かな
 「秋風」が季題で秋。「慶大俳句満州吟行旅行 三句」のうちの一句。地名を詠み込んだ俳句は、祐之君の十八番です。そして、「歴史的名句」という自賛も祐之君の得意技です。「韃靼」は、地名というか民族の名を詠むと同時に、元の時代を想像させる歴史的な言葉です。「大路かな」という下五で、読者を一気に現代に引きずり込む詠みぶりはさすがです。また、季題の「秋風」も爽やかさと一抹の淋しさを感じさせて効果的だと思います。

残業の裏口を出て夜の秋
 「夜の秋」が季題で夏。表口が閉まる時間まで残業して裏口から退社する時に、近づいてきた秋を感じたというのです。朝から空調の効いた建物の中にいたのでしょうから、「夜の秋」が実感されたわけです。これも、過不足ない言葉で場面を再現していて、巧みです。

返り花海光山の境内に
 「返り花」が季題で冬。長谷寺でしょうか、どこでも良いのですが、海光山という山号の寺院があって、その境内に返り花が咲いていたという句。「海光山」というからには、海が見える境内なのでしょう。小春日の海の反射と、ひっそりとした境内に静かに咲く返り花が、いかにも印象的です。

扁額を下ろしてよりの煤払
 「煤払」が季題で冬。「歳末の京都 五句」のうちの一句。扁額を下ろすことから、お寺の大掃除が始まったということです。扁額を下ろすという恭しい行為に、この一年に対する感謝が込められていると思います。「煤払」の本情を捉えた俳句。
 「よりの」に説明臭さがあるのが瑕瑾でしょうか。便利な決まり文句ですが、鼻につく危険性がある表現だと思います。

杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞。その3


Category: 俳句 > 杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞   Tags: 夏潮  杉原祐之  先つぽへ  
Ⅲ.雛舟(平成十七年~十八年)
尻端折る男の美学神輿舁く
 「神輿舁く」が季題で夏。神輿を舁くときの尻端折りを、「男の美学」と言い切ったところが面白いです。尻端折りなどということが絶えて久しい現代なので、「男の美学」もぎりぎりわかるのだと思います。とにかく、感じたことをストレートに表現してあるところは気持ちがいいです。

高層のビルより夕立見下しぬ
 「夕立」が季題で夏。視点が珍しいのはもちろんですが、夕立を見るという行為を詠むこと自体が新しいです。「長雨」を「眺め」たり古来雨を見る行為が詠まれたことはありますが、夕立は見る対象ではなかったと思います。外に出なくても大抵の用事は足せて、なおかつ窓から外の景色が展望できる高層ビルにいるから、こんな気になったのでしょう。自然に左右されない現代の生活が生んだ気分だろうと思いました。
 下五は「みおろしぬ」とも「みくだしぬ」とも読めますが、「みおろしぬ」と読んだ方が客観的で良いでしょう。「高層のビル」はややもたついているので、「高層ビル」と言ってしまいたいところです。あるいは、「超高層ビル」という言い方も考えられるかも知れません。

相席の鬼灯褒めて神谷バー
 「鬼灯市」が季題で夏。「鬼灯」が季題と解釈すれば秋の句になりますが、一句の気分にはどことなく夏の感じがあります。浅草の「神谷バー」に行ってみると、ちょうど鬼灯市が開かれていて混雑していたのです。相席ならということで通された席の先客は鬼灯市帰りと見えて、脇に買ってきた鬼灯の鉢を置いています。挨拶にそれをちょっと褒めて、テーブルについたというのです。楽しい場面を想像させてくれる俳句です。

惣領として大いなる墓洗ふ
 「墓洗ふ」が季題で秋。「第二回日盛会 五句」のうちの一句。家を継ぐ長男として一家の墓を洗ったというだけのことですが、「惣領」と「大いなる墓」とが釣り合ってがっしりした俳句になっていると思います。「惣領」というのはやや大げさですが、墓を洗うことで芽生えた自覚が表現されています。同時に、自分の継ぐべき家を「大いなる」と感じたのです。
 祐之君の俳句には、「大きい」「小さい」がよく出てきますが、この「大いなる」には力があると思いました。

空稲架に射し込んで来る夕日かな
 「稲架」が季題で秋。「近江今津 三句」のうちの一句。刈り取った田圃に竹竿などを組んで稲を掛けておくのですが、もう稲は取り払われていて組んだ竹竿だけが残っているのです。そして、夕暮れとともに傾いた日が「空稲架」の下に射し込んできたという句です。いかにも晩秋の夕暮れの物寂しさが感じられ、落ち着いた仕上がりの良い句だと思います。

川底の色に成り果て鮭死ぬる
 「鮭」が季題で秋。故郷の川を遡ってきた鮭は、産卵を終えると間もなく死んでいきます。その様子を、すっかり「川底の色」になってと詠んだのです。では、どういう色かというと難しいですが、小石や川砂の白っぽいような色と鮭の死骸のふやけて白くなっている色とを言っているのだと思います。「川底」という表現には、土に還るということが暗示されているようです。なかなか深みのある句です。

杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞。その2


Category: 俳句 > 杉原祐之句集『先つぽへ』鑑賞   Tags: 夏潮  杉原祐之  先つぽへ  
Ⅱ.「百畳の一畳」平成十四年~十六年
百畳の一畳使ふ昼寝かな
 「昼寝」が季題で夏。数の面白さだけの句だろうという批判もありそうですが、少し親切に鑑賞します。ポイントは「畳」で、畳敷きの空間を思い浮かべると「昼寝」という季題が物を言うようになります。日本の建築には壁が少ないと言われますが、襖を取り払った広間を風が吹き抜けている感じがしてきます。自他で言えば自分を詠んだ句と解する方が気持ちよさが出ます。
 ただし、そこまで鑑賞が広がりにくいのは、「使ふ」という動詞のせいでしょう。この一語でおどけた感じが出ているのも事実ですが、読者の興味が数に絞られてしまう原因にもなっています。爽快感で勝負するなら、「大昼寝百畳敷きの一畳に」くらいあっさり言った方が良いのかも知れません。

新居には大きな薔薇を置き給へ
 「薔薇」が季題で夏。詞書に「前北かおる氏、麻里子氏祝婚」、素通りするわけにいきません。「飾る」とか「活ける」とか「据ゑる」とかいろいろ言えそうなところに、無造作に「置く」という動詞を使うところが祐之君らしいと思います。結婚以来随分経ちましたがなかなか忘れられないのは、「給へ」の切れと「大きな」と「置き」の韻が働いているのだと思います。

密入国のボートに光る夜光虫
 「夜光虫」が季題で夏。「ランカウイ 二句」のうちの一句。海上のボートに夜光虫が光っていたというところまでは実景だと思います。そこから「密入国」へと飛躍して、密入国者の立場になって見たということでしょう。「光る」が不用意ではありますが、「密入国」のような言葉を詩語に取り込んでゆく姿勢は素晴らしいと思います。

風鈴の短冊回りつつ鳴らぬ
 「風鈴」が季題で夏。こういう丁寧な写生の句もあります。「鳴らぬ」と否定の形で落ちをつけられる余裕は、そよ風の清々しさによるものです。

芋の露ずるりと滑り落ちにけり
 「芋の露」が季題で秋。「ずるりと」という擬態語によって、大粒の露の質感がよく表現されています。それだけではなく、「滑り落ち」という複合動詞で数秒の時間がきっちり描写されています。

貰ひたるマフラー探し回らねば
 「マフラー」が季題で冬。外出先で取ったマフラーをつい置いてきてしまったのでしょう。室内は暖房がきいているので、マフラーや手袋を忘れてしまうことはよくあります。くれた相手は、恋人でしょうね。それを「贈られし」とか言わずに「貰ひたる」と言ったところに、慌てている感じが出ています。

西日濃し慣れぬ喪服の上着脱ぐ
 「西日」が季題で夏。告別式の後なのでしょう。「慣れぬ」などと言っているので、親戚やごく親しい人というわけではなくて、仕事の関係などで参列したのでしょうか。式場に身を置いていた窮屈から体を解放してやると、人の死に対する感慨が改めて湧いたのです。
 セオリー通りに作れば「上着脱ぎ」でしょうが、あえて二段切れにしたところに情感が籠もっています。

パソコンに呟いてゐる夜業かな
 「夜業」が季題で秋。「夜業」という季題は、「秋灯」、「灯下親し」を踏まえて秋に分類されているようです。オフィスの蛍光灯の下、もうほとんど誰もいないフロアで仕事をしているのでしょう。ふと「パソコンに呟いて」しまった淡い人恋しさは、まさにこの季題の世界だと思います。
08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07

09


 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
 
初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
 
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 


Archive RSS Login