FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

マンション。


Category: 身辺雑記   Tags: ---
 先週、モデルルームを見に行ったらすごく気に入ってしまって、買うことになりそうです。入居したら、大パーティーしましょう。花火とかもきれいそうです。

スポンサーサイト



ベルギー王立美術館展。


Category: 身辺雑記 > 美術館・博物館   Tags: ---
 早々と行ってきました。「百姓から見た戦国大名」という本を買ったら、しおり代わりに割引券が挟まっていたので、ぷらっと出掛けました。あんまり聞いたことのなかった画家の絵がたくさん見られました。
  アドリアーン・ファン・ユトレヒト「オウムのいる生物」
  ルイ・ガレ「芸術と自由」
  シャルル・ド・グルー「食前の祈り」
  アルフレッド・ステヴァンス「秋の花」
  アルフレッド・ステヴァンス「アトリエ」
  フェルナン・クノップフ「シューマンを聴きながら」
  フェルナン・クノップフ「ジュルメーヌ・ヴィーナーの肖像」
  ヤーコプ・スミッツ「受刑者の父」
  ルネ・マグリット「光の帝国」
といった絵が印象的でした。

我が祖国。


Category: 音楽 > 音楽その他   Tags: ---
 今日は、日本フィルの定期でした。

 イルジー・ビェロフラーヴェク(指揮者)
 ・スメタナ:連作交響詩《我が祖国》全曲

 ビェロフラーヴェク氏の「我が祖国」は、9年ぶり2度目。骨格にあたる「ヴィシェフラド」、「ターボル」、「ブラニーク」の3曲に焦点のある演奏でした。さすがはお国物で、「祖国」が音になっている感じがしました。独特のリズムの粘りどころなどに、説得力がありました。日本フィルも、光り輝いていました。特に、「ブラニーク」のホルンとクラリネットのソロによる「汝らの神と共に勝利を収めん」のコラールは、今日の白眉でした。
 来月は、ロッホラン氏の「惑星」。非常にパワフルな演奏になりそうです。

浜松を通過して。


Category: 旅行 > 旅行一般   Tags: ---
 神戸へ行ってきました。今、帰りの新幹線の車中です。入野のジャスコやらビックふじやら、3年間の遺跡をフルスピードで通過しました。感慨が深いです。

09 2006
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
カテゴリー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 
 


Archive RSS Login