FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

本井英主宰近詠鑑賞。『夏潮』2010年9月号


Category: 俳句 > 本井英主宰近詠鑑賞   Tags: 本井英  夏潮  
  カーテンを閉ぢて白夜をへだてけり
 「白夜」が季題で夏。カーテンを閉じることによって、窓の外に広がる白夜を遠ざけたという俳句です。はるばる「白夜」の国へやって来た旅行者なのでしょう。時差ぼけもあるのかも知れませんが、初めて経験する白夜に胸が躍ってなかなか寝付けないでいたのでしょう。カーテンを開けた窓からの白夜の眺めに見とれていたのです。けれども、明日の予定もあるので無理にでも少し眠らなければと、カーテンを閉じたというわけです。ごく単純な動作から、旅行者の興奮が伝わってくる俳句だと思いました。

  東海道本線の立葵かな
  ここにまた八号古墳夏木立
  掌で読む紫陽花の重さかな
  枇杷熟るる色に昇りて梅雨の月


  競馬とはファンファーレまたファンファーレ
 「白夜」の句とは反対に、心の弾みが全面に出てしまっていて読み手がどうしていいかわからない俳句だと思いました。
スポンサーサイト

奥只見ダム。


Category: 旅行 > 旅行一般   Tags: 奥只見ダム  奥只見湖  寄居星の王子さまPA  


 今日は、奥只見湖遊覧船に乗ってきました。帰りに、寄居星の王子さまPAに立ち寄りました。なかなか素敵な空間でした。

アルプの里。


Category: 旅行 > 旅行一般   Tags: アルプの里  湯沢高原  越後  新潟  

 上越方面にやってきております。今日は、湯沢のアルプの里に行ってきました。秋風が吹いておりました。

テーマ : 子連れ旅行    ジャンル : 旅行

魔笛。


Category: 音楽 > 読響   Tags: 読響  テオドール・グシュルバウアー  ジョセフ・リン  サントリーホール  シューマン  ドヴォルザーク  交響曲第8番  ブルッフ  モーツァルト  魔笛  
 今日は、読響の名曲シリーズを聴いてきました。ブルッフのヴァイオリン協奏曲を弾いたジョセフ・リンは良く歌って聴かせましたが、オーケストラはピリッとしませんでした。しかし、アンコールで一変。躍動感溢れる魔笛序曲を聴かせてくれました。来月、二期会の魔笛に出演するそうですが、こちらはおすすめです。
テーマ : クラシック    ジャンル : 音楽

句帳の清書 2005年 その1


Category: 俳句 > 句帳の清書   Tags: 佐鳴湖公園  惜春  館山  フラワーパーク  近鉄養老線  上海  
 1月5日 上海
赤を提げ黄金を積むよ年の市
客来れば小舟を出だす柳かな

 1月8日
あたたかや小舟で渡る観音寺
中島と小橋を占めて剪定す

 1月23日 近鉄養老線
手袋を買ひ単線に乗り込みぬ
高低に鷺二つ飛ぶ枯田かな
屋根瓦白く凍てたる小村かな
街道の裏の鉄道冬菜畑
泡立の花房白く枯れにけり
くしやくしやに枯れたる中の冬菜かな
くら谷の美濃の暮らしよ冬菜畑

 1月25日 文芸部俳句教室
早梅や空を覆へる雲厚く

 1月27日
むと破れむむむと裂けて梅蕾
幹あをく錆びつきてをる梅早し

 1月29日
剪定のすぐ足下に将棋かな

 1月30日 フラワーパーク
日輪のこなたの花菜畑かな
菜の花やいくら駆けても駆け足りぬ

 2月2日
風花や生まるれば早尾を引きて

 2月19日
春雨に弾いて歌うて夫婦なる

 2月22日 文芸部俳句教室
夕空の白きに満つる春の月

 2月28日
牡丹の藁家に蝿の生まれをる
寒牡丹螺鈿の花弁寄せにける
風花に螢の如く流るあり

 3月6日 館山
春の海に思ひ思ひの向きに船
春の田の畝の低きに過ぎざるや
サボテンの腰つき淋し春寒し

 3月6日 惜春花摘み・館山
サーファーを甘噛みしては春の波

 3月7日
微熱ありさうに曇りの罌粟畑
大根の畝に飛び火の菜花かな
一人居ても明るき新居フリージア

 3月14日
荒磯より風吹き上ぐる春田かな

 3月21日 佐鳴湖公園
日を仰ぎ風にすくみて鼓草
奇術師の鬚の如くに蜷の道

 3月28日 佐鳴湖公園
芝原に棕櫚の木立や春の風
道すがら如雨露に摘みてきし土筆
蛙の子頬をぶらさげ泳ぐかな

 4月8日
窓抜けし廃校舎あり花の夕
08 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

07

09


 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
 
初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
 
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 


Archive RSS Login