Archive2014年01月 1/7

英和句会。

 昨日は、ダブルヘッダーでした。夕刻、千葉英和高校文芸部の英和句会に出席してきました。  早梅に風絶ゆる隙なかりけり...

  • 0
  • 0

森の呼友句会。

 森の呼友句会に参加してきました。  勢ひにひとつ弾むやにほ浮かぶ...

  • 0
  • 0

句帳の清書 2013年5月

 5月1日 夏潮池袋句会弁当を貰うて帰る労働祭メーデーに女ばかりの一団も 5月2日 遠足 武蔵丘陵森林公園(5月13日 慶大俳句句会)遠足やバス行くほどに空晴れてこくと首曲げて眠れる若葉風ボンネット開けて路肩に若葉風 5月7日 三田吟行会胸に結ぶセーターの袖若葉風夏蝶の一直線に猛るかな涼風を白シャツの背にはらませて 5月9日 英和句会背負ひ苗をゆらともたげて田植機は田植機や背中の苗をそよがせて 5月11日 夏潮...

  • 0
  • 1

「沖」2月号。

 「沖」2月号をいただきました。ありがとうございます。 今月の「沖の俳景」で鑑賞させていただいた御句を紹介します。  これよりは禁葷酒なり式部の実  能村研三  性格は温厚にして猪を撃つ  菅谷たけし  悪友の悪友は吾ゐのこづち  林昭太郎  冬瓜の笑つてしまふ重さかな  樋口英子  飛騨牛乳瓶に挿されて吾亦紅  七種年男  がら空きの電車に佇ちて月を追ふ  高木嘉久  萩の花風酔ひとふのありとせ...

  • 0
  • 0

広渡敬雄句集『ライカ』。

 「沖」の広渡敬雄さんから句集『ライカ』(平成21年7月、ふらんす堂刊)をいただきました。ありがとうございました。 「達人」という題で櫂未知子さんが栞文を寄せていらっしゃいまが、題材の切り取り方の面白さ、表現の詰めの確かさが素晴らしいと思いました。端正でありながら目を惹かれる俳句は、まさに「達人」のなせる技です。一方で、「紙漉」、「鮎苗」の句が数句ずつ収められていますが、その繊細さも魅力的でした。 ...

  • 0
  • 0