Archive2014年05月 1/7

八千代句会。

 今日は、八千代句会がありました。後閑達雄さんが初めて参加してくださいました。  病室に入れずじまひ金魚見る...

  • 0
  • 0

「沖」6月号。

 「沖」6月号をいただきました。ありがとうございます。 「沖の俳景」の私が担当するのは今月までです。半年間、お邪魔しました。例によって、鑑賞させていただいた御句を紹介します。  啓蟄や馴染みし靴の不恰好  能村研三  待春や花屋は水を走らせて  田所節子  針供養指のきれいな男かな  菅谷たけし  波の花重なりあうて飛びにけり  広渡敬雄  乗りてくる黙の塊受験生  内山花葉  山門の弾痕しるし梅...

  • 0
  • 0

角川俳句賞。

 何とか今年もエントリーしました。落選展でお会いしましょう。...

  • 0
  • 0

句帳の清書 2013年9月

 9月1日 ハワイキャンパスのアカシア並木花こぼす王宮やハイビスカスの垣結びしまひには給仕も踊る船遊垂れ下がる気根に触れて涼しさよ灯ともせるままに朝のプールかな移り住み十年といふサングラス虹の島年に何度も合歓の咲く双胴のヨットを浜に乗り上げて 9月4日 夏潮池袋句会古宮に忌籠る神や御遷宮台風の刻一刻と御遷宮 9月4日鳳梨や赤銅色に土灼けて 9月7日にはとりを追つ掛けまはす日の盛りもてあそぶ夜店で買ひしウク...

  • 0
  • 0

慶大俳句句会。

 今日は、慶大俳句の句会がありました。私はダブルヘッダーで臨みました。  万緑の校舎三棟連結す...

  • 0
  • 0