FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

八千代句会。


Category: 俳句 > 吟行・句会   Tags: 八千代句会  
20140601214652190.jpg
 今日は、八千代句会がありました。後閑達雄さんが初めて参加してくださいました。
  病室に入れずじまひ金魚見る
スポンサーサイト



テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

「沖」6月号。


Category: 俳句 > 掲載情報   Tags:  沖の俳景  
2014053022174553d.jpg
 「」6月号をいただきました。ありがとうございます。
 「沖の俳景」の私が担当するのは今月までです。半年間、お邪魔しました。例によって、鑑賞させていただいた御句を紹介します。
  啓蟄や馴染みし靴の不恰好  能村研三
  待春や花屋は水を走らせて  田所節子
  針供養指のきれいな男かな  菅谷たけし
  波の花重なりあうて飛びにけり  広渡敬雄
  乗りてくる黙の塊受験生  内山花葉
  山門の弾痕しるし梅ひらく  佐々木よし子
  野火たたく楠の青枝香りけり  石﨑和夫
  煙突に亀の湯とある暮春かな  林昭太郎
  宝尽しのやうなる母の雑煮かな  小田里己
  梅探る坂に乾ぶる藁筵  髙久正
  警官の笑顔で仕切る初詣  中西恒弘
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

角川俳句賞。


Category: 俳句 > 俳句その他   Tags: 角川俳句賞  
 何とか今年もエントリーしました。落選展でお会いしましょう。
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

句帳の清書 2013年9月


Category: 俳句 > 句帳の清書   Tags: 夏潮  池袋句会  八千代句会  慶大俳句  ハワイ  鋸山  芝離宮  三田吟行会  
 9月1日 ハワイ
キャンパスのアカシア並木花こぼす
王宮やハイビスカスの垣結び
しまひには給仕も踊る船遊
垂れ下がる気根に触れて涼しさよ
灯ともせるままに朝のプールかな
移り住み十年といふサングラス
虹の島年に何度も合歓の咲く
双胴のヨットを浜に乗り上げて

 9月4日 夏潮池袋句会
古宮に忌籠る神や御遷宮
台風の刻一刻と御遷宮

 9月4日
鳳梨や赤銅色に土灼けて

 9月7日
にはとりを追つ掛けまはす日の盛り
もてあそぶ夜店で買ひしウクレレを
夕涼や庭のトーチに炎入り
甚平を着てワイキキをぶらつける

 9月8日 八千代句会
疾風が陰を払うて葛の花
葛の花尾を逆立ててゐたりけり
俄雨抜きたる日傘差して去る

 9月10日 三田吟行会
朝顔や低く張る網好もしく
朝顔や表通りが透けてをる

 9月13日
飾り蓋はまる砲口天高し

 9月14日
テーブルに椅子に広げて干す水着
ピロティーが即ちロビー避暑の宿

 9月15日
夏空や迷彩したる展望所
海亀や我に子宝親宝

 9月17日 三田吟行会
新涼の大樹の陰の話かな
急くほどに萎むつくつく法師かな
ちりちりと声を引き摺り秋蟬は

 9月18日
行列の出来る松本氷店

 9月20日
白黒の王女の写真夏館
大通り潮の滝をしつらへて

 9月21日 芝離宮八千代句会
午後の日はかがやきやすし女郎花

 9月23日 鋸山
秋潮の淡く濁りて波頭
停泊の船の小揺れや秋の風
甲板に体操をして体育の日
冷ややかや艫を汚して巡視船
エンジンの揺れ冷房の船室に
接岸や根釣の人と目が合うて
山内を下り来りて曼珠沙華

 9月24日 三田吟行会
扉をもたぬ幻の門曼珠沙華
かき曇り風の曼珠沙華となりぬ

 9月27日
鳳梨や小汽車で辿る農園史

 9月29日
初富士を振り返りつつ行列に

 9月30日 慶大俳句句会
枕木の隙間より日や蛍草
海原へ帰りゆく船鰯雲
秋草や山ふところの御大仏
七堂の焼かれてあらず曼珠沙華
踏み跡は線路を跨ぎ葉鶏頭

テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

慶大俳句句会。


Category: 俳句 > 吟行・句会   Tags: 慶大俳句  

 今日は、慶大俳句の句会がありました。私はダブルヘッダーで臨みました。
  万緑の校舎三棟連結す

テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学
05 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

04

06


 
カテゴリー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 
 


Archive RSS Login