FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

閏の会(仮称)。


Category: 俳句 > 吟行・句会   Tags: 閏の会  
 今日は、神保町銀漢亭にて句会がありました。
  リビングのグランドピアノ雛飾る
※今月10回目、今年19回目。
スポンサーサイト
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

『虹の島』総選挙。その2


Category: 俳句 > 第二句集『虹の島』   Tags: 虹の島  
 その後、Webサイト、新聞、雑誌等にたくさん取り上げていただきました。お手紙やお葉書も引き続きいただいております。また、千葉英和高校文芸部の皆さんはベスト10と一句評を書いてくれました。選句に参加した慶應志木高校の諸君にも、あらためてベスト1を選んでもらいました。あらためて、ここまで158名の方の投票結果を発表します。

1位(30票)
虹の島年に何度も合歓の咲く(→)(★)

2位(23票)
織姫や翡翠となりて翔るべく(↑)(★)

3位(16票)
夕涼やウクレレのごと赤子抱き(↓)

4位(15票)
歯応へのとほりに歯形玉林檎 (↓)(★)

5位(14票)
やつほーと声掛けられて笑ふ山(↑)(★)

6位タイ(13票)
卒業や更に未来を疑はず(↑)(★)
木の股に座り桜のふところに(↑)(★)

8位(11票)
退院の荷物にそつと薔薇のせて(↓)(★)

9位(10票)
雪まろげまろげてやがて兄になる(↓)

10位タイ(9票)
水の皮一枚うごく枯蓮(→)
時雨忌の我在俗の俳諧師(↓)(★)
海亀や我に子宝親宝(→)

13位タイ(8票)
海面の一枚めくれ卯浪なす(↑)
水かけて旱の墓を輝かす(↓)
ひとり来て少し働く冬菜畑(↓)

16位タイ(7票)
リモコンを並べ置きたる炬燵かな(↑)
かまきりを覗く仲間に入れてもらふ(↑)
考へる人にも見えて蕨かな(→)
父逝きし夜や日本中揚花火(↑)
溜まりゆく日傘の数や交差点 (↓)

※(★)は、帯に掲げた「志木高生95人の選ぶ『虹の島』ベスト10」の句。
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

八千代句会。


Category: 俳句 > 吟行・句会   Tags: 八千代句会  

 今日は、八千代句会がありました。
  あたたかやあつちあつちと手を引かれ
※今月9回目、今年18回目。
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

句帳の清書 2015年6月


Category: 俳句 > 句帳の清書   Tags: 慶大俳句  夏潮  八千代句会  池袋句会  志木吟行会  英和句会  
 6月3日 志木吟行会
枇杷捥いで部活の小腹満たしけり
灯ともして弓道場の梅雨入りかな

 6月3日 夏潮池袋句会
潮風や花の香りの蜜柑山
ミラー立つプラットホーム花蜜柑

 6月6日 八千代句会
短夜の食器洗ひ機洗濯機
立葵晴れ定まりて午後三時
十薬に干してつなぎの作業服

 6月7日 慶大俳句吟行会 旧古河庭園
シャンデリア終日ともす薔薇の館
薔薇園の見晴らされたる木陰かな
邸内に遺る馬車道風薫る

 6月10日 志木吟行会
枇杷の実の落つるにまかす試験前
七変化独逸唐檜の木の陰に

 6月11日 英和句会
青蘆や雲の速さにざわつきて

 6月19日 慶大俳句定例句会
鱗立つ雨の水面や未草
徒然や雨の睡蓮横倒し

 6月21日 八千代句会
あぢさゐや水道局に配属と
梅雨寒の鶯しきり宮の杜
萎んだる蛍袋や雨催ひ

 6月24日 「夏潮」課題句
十月の空や神宮野球場

 6月25日 森の呼友句会
火の粉振り撒きて子の泣く夏野かな
日おもてを歩む鴉や大夏野
雲の影取り払はれて夏野かな
吹抜に受付を置く涼しさよ

 6月26日 「夏潮」課題句
十月のドイツの色の観覧車
十月や上京中の祖父母ゐて

 6月27日 代々木公園(6月28日 渦潮会)
台本の読み合はせして薔薇ほとり
森の径大噴水の見えてくる

テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

「キャロル」。


Category: 身辺雑記   Tags: キャロル  

 先日、「キャロル」を観てきました。起伏の少ないストーリーですが、ため息の出るほど美しい映画でした。
テーマ : 映画館で観た映画    ジャンル : 映画
02 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

01

03


 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
 
初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
 
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 


Archive RSS Login