FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

「春月」8月号。


Category: 俳句 > 句集鑑賞その他   Tags: ---
15320102900.jpeg
 「春月」8月号をいただきました。ありがとうございます。戸恒東人主宰の「侃々集」から5句、紹介させていただきます。

  すひかづら咲いて沼風立ちにけり
  牛蛙鳴くや筑波に雲かかり
  廃屋の二軒連なり黐の花
  鐙摺の隘路行くバス花海桐
  二次会は鰺のフライをさくさくと
スポンサーサイト
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

句帳の清書 2017年11月


Category: 俳句 > 句帳の清書   Tags: ---
 11月1日 夏潮池袋句会
窓開けて朝顔の種採りにけり
エレベーターまで朝寒のお見送り

 11月2日 文学特論(は)
文化祭終はりて秋を惜しむのみ
吊し柿見つめてをれば揺れそめて

 11月4日 八千代句会
店の名の取り外されて菊残る
日の去りて暗雲となる秋の暮
スナックの昼のカラオケ菊残る

 11月6日 文学特論(は)
ぎんなんや葡萄を吸うて吐きし如
ぎんなんの匂ひに鈍し中年は
黒髪に戻して秋を惜しむなり

 11月7日 文学特論(は)
校門の内にも外にも落葉して
校門の外の明るさ欅散る

 11月8日 文学特論(は)
百合の木の落葉仮面にしてみむか
形代の如くゆりのき落葉かな
かしましき鳥の残りて冬に入る

 11月11日 夏潮土曜吟行会 砧公園
土竜塚落葉の中に新しき
坂道のやがて落葉に呑み込まれ

 11月13日 文学特論(は)
若ければ贋物めきて竜の玉
花枇杷の毛皮に集く小虫かな

 11月13日 12日、市原に蜜柑狩りに行く(慶大俳句)
日おもての果てに蜜柑の皮の山
蜜柑狩日の間近までのぼりきし

 11月14日 文学特論(は)
竜の玉フードの中の目がのぞく
斑点を浮かべて水漬く柿落葉
雨よりも間遠に散れる黄葉かな
裏おもてなくて淡さや冬黄葉

 11月15日 文学特論(は)
中骨の如くに欅落葉かな
葉脈の棘に育ちし落葉かな
くれなゐに染め返されて冬黄葉

 11月16日 文学特論(は)
寒禽の声煙突を見上ぐれば
水底の落葉に苔の微塵降る

 11月16日 英和句会
段畠野菊の径を行き来して
敷藁に食べ棄てられし蜜柑かな

 11月20日 文学特論(は)
枯蔦やねぢれながらに幹太き
底冷や一階分の坂下り

 11月21日 19日、読響定期演奏会でメシアンの「アッシジの聖フランチェスコを聴く(閏の会)
聖フランチェスコ昇天小鳥湧く

 11月21日 閏の会
玲瓏と白さざんくわのありにけり

 11月23日 夏潮団体戦句会 鎌倉
境内のはづれに眺め冬の海
山茶花や門前喫茶般若坊

 11月23日 鎌倉(11月25日 八千代句会)
葉柄をくいともたげて散紅葉
大寺の奥に古寺実たちばな

 11月25日 八千代句会
冬の菊遠い昔の人祀る

 11月27日 志木吟行会
冬晴や胸張つてビル南向き

 11月29日 「夏潮」課題句
猫耳と言はれてみれば山笑ふ

 11月30日 俳人協会千葉県支部・埼玉県支部合同吟行会 市川
蜜かぶりたるが如くに冬紅葉
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

「親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館」。


Category: 身辺雑記 > 美術館・博物館   Tags: ---
15328705590.jpeg
 若君、姫君と東京国立博物館で開催中の「親と子のギャラリー トーハク×びじゅチューン! なりきり日本美術館」に出掛けてきました。コンピューターを使って有名な美術作品で遊べるようになっていて、二人ともエンジョイしていました。写真は、北斎の「神奈川沖浪裏」を題材にした展示ですが、浪を穏やかにした映像に向かって「ふじさーん」と呼びかけると、声の大きさに応じた浪が立つという仕掛けになっていました。日曜日ですがそれほど混雑していなかったので、ひと通り体験してまわれました。

ハワイ。その6


Category: 旅行 > 旅行一般   Tags: ---
15327833250.jpeg
 日付変更線を越えて、昨日のうちに成田に到着しました。一日ずれていたら今日は台風だったので、良いタイミングでした。
テーマ : ハワイ    ジャンル : 旅行

ハワイ。その5


Category: 旅行 > 旅行一般   Tags: ---

 朝、ホテルの近所を散歩しめ、ハワイを発ちました。
テーマ : ハワイ    ジャンル : 旅行
07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06

08


 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
 
初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
 
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 


Archive RSS Login