FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

本井英主宰近詠鑑賞。「夏潮」2018年8月号


Category: 俳句 > 本井英主宰近詠鑑賞   Tags: 本井英  夏潮  
  塗り畦にはや走る罅美しき
 「塗り畦」が季題で春。草が生えて弱くなった田んぼの畦を塗り直すことですが、最近は塗畦機という専用の機械があります。この句もそういった塗り畦を想像しても構わないと思います。きれいに仕上がった塗り畦にすでに罅が走っているのを見つけて、それを美しいと感じたという俳句です。やがて水が入り、代掻きをして、田植えをして、美しい田んぼになっていくわけです。その第一段階として塗られた畦の罅を美しいと讃えたことで、一年の田んぼの景が自然に想像されてきます。

  田植にはまじらず捕虫網揮ふ
  瀧風の果てに揺るるは鴨足草
  沢音にかむさりそめし瀧の音
  真清水を掬し余命を祈るなり
スポンサーサイト
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

千葉県俳句作家協会夏季吟行会。


Category: 俳句 > 吟行・句会   Tags: ---

 今日は、千葉県俳句作家協会夏季吟行会に出席しました。ボランティアガイドの方の案内で流山の町を吟行しました。
  さるすべり伐られて花を零しけり
※今月8回目、今年70回目。
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

那須。


Category: 旅行 > 旅行一般   Tags: ---
15355513880.jpeg
 昨日、今日と那須へキャンプに行ってきました。天気はあいにくの雨でしたが、屋根のある施設でバーベキューをして、雨音を聞きながら眠りました。予定していた茶臼岳への登山は止めにして、殺生石や温泉神社、とりっくあーとぴあを見物し、南ヶ丘牧場を訪ねました。
テーマ : 夏の旅    ジャンル : 旅行

「春月」9月号。


Category: 俳句 > 句集鑑賞その他   Tags: 春月  
15353707170.jpeg
 「春月」9月号をいただきました。ありがとうございます。戸恒東人主宰の「侃々集」から5句、紹介させていただきます。

  呼出の萌葱の仕着せ五月場所
  夏座敷茶托に予備の歩兵置き
  滴りを掌に受け動悸収まりぬ
  滝浴びをせし子の唇の色戻る
  金魚売去るや二三尾地に落とし
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

筑紫磐井編『虚子は戦後俳句をどう読んだか 埋もれていた「玉藻」研究座談会』。


Category: 俳句 > 句集鑑賞その他   Tags: 筑紫磐井  虚子は戦後俳句をどう読んだか  埋もれていた「玉藻」研究座談会  深夜叢書社  
15344253760.jpeg
 「俳句新空間」でお世話になっている筑紫磐井さんから編著『虚子は戦後俳句をどう読んだか 埋もれていた「玉藻」研究座談会』(平成30年8月、深夜叢書社刊)をいただきました。ありがとうございます。
 高浜虚子は、晩年、「玉藻」の研究座談会で、星野立子、清崎敏郎、深見けん二らを相手に、「ホトトギス」外部の俳人の作品を取り上げて批評を行いました。本書は、そこから虚子の発言を拾い、論じられた作家を大正作家、4Sとその同世代作家、人間探求派、新興俳句、社会性俳句、新抒情派、ホトトギスの典型派と分類して再構成した第2部を中心としたものです。それに、第1部として、実際に研究座談会に出席した深見けん二、齋藤愼爾、本井英、編著者の4人で行った座談会の模様が付されています。
 「まえがき」に「本書は殆ど資料集である」と断り書きがありますが、もちろん単なる資料集ではありません。本論に先立って、虚子の独特の評価用語や評価基準が整理され、読者が資料の読み解けるよう配慮されています。また、実際に取り上げられた順に関係なく、グループ別に作家を並べ直してあり、それぞれの一派を虚子がどのように評価したのか、また同時に取り上げられがちな作家を虚子がそれぞれどのように評価したのかがわかるようになっています。こうした構成の力で、編著者の言う「虚子による戦後俳句史」に仕上げられており、手元に置いて折々参照したい一冊です。
テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学
08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

07

09


 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
 
初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
 
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 


Archive RSS Login