Archive2019年02月 1/6

句帳の清書 2018年6月

 6月6日 夏潮池袋句会分け入りて花またたびの出湯かな嫁の来手なくて木天蓼花つけて川蝦の佃煮といふ引出物 6月8日 (6月15日 国語演習)日盛の屋上に何担ぎあぐ冷房の排気ソーラーパネルかな水漏れの跡のかはきし日の盛り 6月10日 八千代句会行々子うしししししと笑ひ去るさみだれの薔薇の寄せ植ゑありにけり列長きドライブスルーさみだるる羊蹄の花の吊橋封鎖され 6月24日 八千代句会蜻蛉の翅の輝き五月晴増水の中州に...

  • 0
  • 0

花粉症2019。

 今日は、花粉症にやられました。一日何もできませんでした。...

  • 0
  • 0

西あき子句集『魚眼レンズ』。

 「春月」同人の西あき子さんから句集『魚眼レンズ』(2018年11月、雙峰書房刊)をいただきました。ありがとうございました。 戸恒主宰と同郷の方だそうで、「春月」創刊後まもなく俳句を始められたそうです。これまでの作品から314句を厳選した第一句集とのことです。季題を正面から捉えた端正な詠い振りに惹かれました。   解きかけのクロスワードや梅雨の月 「梅雨の月」が季題で夏。「義母逝く」という前書が付されてい...

  • 0
  • 0

『俳句界』3月号。

 今年は、『俳句界』の「この本この一句」のコーナーを担当することになりました。3月号は、  小池たまき『台地』  佐保田乃布『もう恋し』から、それぞれ1句ずつ鑑賞しております。...

  • 0
  • 0

八千代句会。

 今日は、八千代句会がありました。  酔ふでなくのぼするでなく濃紅梅※今月5回目、今年15回目。...

  • 0
  • 0