Archive2024年03月 1/7

「沖」4月号。

 「沖」4月号を送っていただきました。ありがとうございます。能村研三主宰、森岡正作副主宰の作品から1句ずつ紹介させていただきます。  手焙りに彫りたるやうな手をかざす  能村研三  雛には眩しかりけり蛍光灯  森岡正作...

  • 0
  • 0

八千代市民俳句大会、添削教室用句会。

 今日は、八千代市民俳句大会がありました。急に暖かくなり、多くの方がご参集くださりました。投句、清記、点盛、採点の支援システムのお披露目でしたが、問題なく進行できて安心しました。次回は、2025年3月29日(土)を予定しております。 オンラインで添削教室用句会も行いました。  引つ越してくる人多し花辛夷※今月11、12回目、今年24、25回目。...

  • 0
  • 0

令和五年冬興帖、第五。

 「-BLOG俳句新空間-」第222号の「令和五年冬興帖、第五」に3句、載せていただきました。http://haiku-new-space-haikucho.blogspot.com/2024/03/blog-post_29.html...

  • 0
  • 0

セブンハンドレッドクラブ。

 高校生とゴルフ合宿に行ってきました。予想外に寒い4日間で大雨の日もありましたが、楽しくプレーできました。OBなしで終われて、今年初バーディーも出たので、なかなか良かったと思います。スコアは、初日が98、2日目が106、3日目が94、4日目が95でした。...

  • 0
  • 0

句帳の清書 2023年7月

 7月2日 つちのこ句会 深大寺あめんぼの影プードルに少し似て涼風のとどまるところ大欅 7月2日 深大寺(7月4日 夏潮WEB句会)ハンカチを振つて大した風も来ず 7月3日 響句会青柿を仰ぐ毬栗頭かな一棟の暑気を唸りとともに吐く 7月5日 文学特論(は)鉄筋に巻ける鉄筋炎天下 7月5日 夏潮池袋句会ふやけたる身を隙間なく泥鰌鍋先生に連れられてきし泥鰌鍋留置線あかあかと錆び滑莧 7月6日 文学特論(は)スコップの地...

  • 0
  • 0