カイユボット展―都市の印象派



 気になっていた展覧会を観てきました。「ピアノを弾く若い男」を観て以来、心ひかれていたカイユボットの回顧展です。
 「都市の印象派」と題されているだけあって、パリの生活を描いた絵が素敵でした。チラシの「ヨーロッパ橋」のような屋外の絵も生き生きしていて良かったですし、「昼食」などの室内を描いた絵は黒の質感がクールでした。
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません