句帳の清書 2022年9月

 9月2日 アジサシの会
澄む水を丸呑みにして濁り河
初月やヱビスビールの恵比寿様

 9月5日 日本語特論
ブレーキが悲鳴をあげて秋暑し
蜻蛉の草を摑める怒り肩

 9月6日 夏潮WEB句会
邯鄲の野に終バスを見送りて

 9月7日 夏潮池袋句会
熔岩の粒粗くして富士薊
食べる分だけを二坪菜虫とる

 9月10日 八千代句会
秋蟬を風吹き抜けてゆきにけり
立ち乗りで畦ぎはの稲刈りにけり
三段の鉄条網の稲雀
ゆりのき台七丁目まで威銃

 9月12日 日本語特論
枇杷の木に鈴懸の木に法師蟬
薄翅に細き身体を法師蟬

 9月15日 千葉県俳句作家協会秋季吟行会 佐原
ハロウィンのかぼちや閉店セール中

 9月16日 働き方改革吟行会
冷やかに桜田門のありにけり
松原となりし城内虫すだく
虫の夜の高層ビルを仰ぎたる
亭々と宵の松ありつづれさせ

 9月18日 祝婚 井上有史さん
爽やかな雨に船出を祝はれて

 9月22日 現代の国語・1C
とんばうの翼と翼ふれし音

 9月24日 追悼 大澤輝嘉先生(八千代句会)
おたがひに喪服の今宵秋黴雨
赤シャツの笑顔が遺影秋黴雨
生き字引なりし瓢に酒きらさず

 9月24日 八千代句会
台風が消えて赤子は熱出して
東海道沖に台風消えにけり

 9月28日 現代の国語・1D
蛾は重く胡蝶は軽し萩の花

 9月29日 響句会
青ざめてをりけり萩の花の塵
うす暗き金木犀の香りかな
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません