「晨」7月号。

16878679740.jpeg

 「晨」7月号、「招待席―晨集より―」に寄稿しました。以下の5句を鑑賞させていただきました。

  ジャンクション抜けて近づく春夕日 秋山百合子
  春の山見てゐるだけで眠くなる 上野鮎太
  俥屋の駆くる祭りの近き町 中山世一
  癒えし眼に新しきいろ寒の月 水野釼太郎
  立春の襖開ければ真暗がり 安田徳子
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません