高瀬竟二句集『風樹』。


 「夏潮」でご一緒させていただいている高瀬竟二さんから句集『風樹』(平成23年2月、ふらんす堂刊)をいただきました。ありがとうございます。停年退職後10年間の句をまとめられた第3句集です。
 丁寧な写生句を中心に、大きな題材に立ち向かう句あり、ちょっとした滑稽を詠った句ありで、おもしろかったです。

  凌霄の花月光に触れて落つ
 「凌霄の花」が季題で夏。夜、凌霽の花を見ていると、雲がはれたのか、月光がさしてきたのです。その光が凌霽の花に触れたと思つた瞬間、一つの花が落ちたという俳句です。闇に浮かぶ凌霽花の橙色と月光の白色とが鮮明にイメージされます。また、「月光に触れて」を冒頭に出さずに、「凌霄の花」と「落つ」の間に挿入したことで、非常に静かに仕立てられています。熟練の技の光る一句だと思いました。

  夕立にたたかれてゐる阿蘇の牛
  凌霄の花月光に触れて落つ
  雪吊に雪なき松の匂ひけり
  手の見えて柱のかげの甘茶仏
  軽鳧の子のぶつかり合つて親に蹤く
  紫陽花や一炷立てて秘仏かな
  寄鍋の鍋を蹴つたる蟹の足
  榾焚いて縄文人の顔となる
  壺焼の殻のことりと傾きし
  火祭の火の棒立ちとなりにけり
  凍滝を月光天へ遡る
  能面に血のいろ通ふ花の昼
  涼しさを呼びこむ居間の拭掃除
  膨らんで一粒となり滴れる
  月下美人とろりと夜闇濃くしたる
  廃校の西日の壁の世界地図
  月細しこけしの眉の細ければ
  松手入むかし酒田の本間様
  さらさらと手にすべらせて今年米
  飛ぶ構へ美しければ鷹翔たず
関連記事
スポンサーサイト

Comments


« »

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
句会予定一覧
八千代句会
2/17(土)14:00八千代中央駅集合/16:30〆当季雑詠10句/自宅
夏潮新年会
2/18(日)14:00〆当季雑詠5句/アルカディア市ヶ谷
※詳細はお問い合わせ下さい。
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード

Archive RSS Login