FC2ブログ

俳諧師 前北かおる

虹の島年に何度も合歓の咲く――第二句集『虹の島』好評発売中!

 

本井英主宰近詠鑑賞。『夏潮』2011年11月号


Category: 俳句 > 本井英主宰近詠鑑賞   Tags: 本井英  夏潮  
  老いぬれどをみなゆかしや月見草

 「月見草」が季題で夏。年老いたもののなお女性に心がひかれるものだと、暮れ方に花開いた月見草を見ながらしみじみと実感しているという俳句です。若い頃にはもっと「枯れた」老後を想像していたのでしょうが、実際にその年になってみるとそんなものではないと思ったわけです。
 「月見草」という季題と「ゆかし」というような文語で表現したことで、女性への憬れをあっさりと上品に詠っていて素敵だと思いました。

  南座を丸呑みしたる西日かな
  我が生は名残の裏へ月も過ぎ
  芋虫や頷くやうに葉を囓り
  熊鈴のだんだん近し三十三才


  沢水の縮みて伸びて澄めるかな

 「縮みて」の方は幅を狭めて早瀬になる様子が思い浮かびますが、淵に出たところを「伸びて」と言ってしまうのは景から離れていると感じました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 俳句    ジャンル : 小説・文学

Comments

Leave a Comment


08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

07

09


 
月別アーカイブ
 
プロフィール

前北かおる

Author:前北かおる
 昭和53年4月28日生まれ。慶應義塾大学俳句研究会、「惜春」を経て、「夏潮」創刊に参加する。第1回黒潮賞受賞。「夏潮」運営委員を務める。平成23年5月、第一句集『ラフマニノフ』を上梓。平成27年12月、第二句集『虹の島』を上梓。千葉県八千代市在住。

 
 
 
 
初めての俳句
初めての俳句。ご自分の感興、感動を五七五にするために。
 
『夏潮』Web俳句鑑賞を担当しています。お気軽にご投稿ください。
 
ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
 
メールフォーム
ご意見、ご感想などをお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
QRコード
QRコード
 
★★★
 


Archive RSS Login